週末は愛媛県八幡浜市で開催されたUCI-1クラスのレース「やわたはま国際MTBレース」を走ってきました。

結果はMMBTのホームページにアップされているとおり、全体で25位、エリートでは19位。

最後尾スタートだったこともあり、前に行きたい気持ちから攻めすぎてスタート直後に他の選手と絡んで落車、それに伴う機材交換も必要となり、スタート後半周の段階で結果を残すには絶望的な状況に陥ってしまいました。

その後は少しでも前でフィニッシュするために前を追い続けるしかありませんでした。

トップ10の中でレースをすることを目標とし、最低でもUCIポイント獲得圏内の15位以内には入りたいと思って望んでいたので、今回の結果はとても悔しいものでした。

サポートしてくれたスタッフ、応援してくださった皆さんに申し訳ない気持ちと、自分の力を出し切れなかったストレスでレース後はモヤモヤしていましたが、もう終わってしまったことなので次のレースに向けて気持ちを切り替え、引き続きトレーニングに励みます。

次回はスタートのポジションも前方になるので、しっかりと結果を出したいと思います。

Photo by Kasukabe Vision FILMz

MMBTのブログをチェックしてくださっている皆さま,はじめまして。

小坂光です。

本格的にMTBレース参戦するのは初めてですが,これまでの競技生活を通じて培ってきた経験を活かし,国内トップを目指して戦って参ります。

よろしくお願いいたします。

 

さて,週末はCJ-2菖蒲谷クロスカントリーレースを走ってきました。

結果は9位。

初戦で,かつ比較的難しいコンディションでの結果なので,まずますの走りだったかなという印象です。

レース前日に降った雨により路面は滑りやすい状態だったため,走行の軽さよりもグリップを重視してIRCのマッドタイヤ「STINGO」を1.6気圧にセッティング。

昨シーズンまでの実績が全くないので,ほぼ最後尾からスタートしました。

最初のシングルトラックを抜けると,気持ちが折れそうになるほど,先頭は遥か彼方に。

それでも一つひとつ順位を上げていくことに集中し,序盤はBIKE RANCHの松尾選手達と前を追いました。

中盤以降はパックから抜け出して単独で前を追う状況でしたが,少しずつ下りも攻められるようになり,最終周回はGIANTの門田選手が見えるかどうかという位置でフィニッシュ。

トップの選手からはかなり離されてしまいましたが,まだまだいけるという手ごたえはあったので,次戦以降さらにステップアップできると思います。

引き続き応援よろしくお願いいたします。