Photo:YUKIO MAEDA/M-WAVE

週末はジャパンカップクリテリウムにスペシャルライダーズの一員として参戦してきました。

当日は生憎の雨でしたが、例年と変わらないくらい多くの方が応援に来てくださったので、とても盛り上がりました。

 

僕もホームレースということもあって気合を入れて臨んだのですが、ロードレース自体が4月のツールドとちぎ以来だったので、どこまで走れるのか不安もありました。

しかし、いざスタートするとしっかりスイッチが入って、いつも通りプロトン内で位置取りできている自分がいて、一安心。

調子も良かったので、序盤から常にアタックに反応できる位置で走り、6周目あたりでタイミングを見計らってジャパンナショナルチームの選手のアタックに反応する形で逃げました。

そのまま周回賞まで逃げたかったのですが、運悪く後ろの集団が活性化してしまったので1周弱で吸収。

その後はゴールスプリントに備えて大人しく脚を温存することに。

最終周にチームメイトの競輪選手、渡邉正光さんを見つけたので、合図をしてバックストレートを利用し、集団前方までリードアウト。

しかし、最終コーナーで逸れてしまったので、自分で勝負に加わることに。

斜め前で起こった落車を間一髪ですり抜けてスプリントに加わりましたが、脚を使っていたのであまり切れはなく、9位でフィニッシュ。

もっといけたかなという感じもしましたが、思っていた以上に良い走りができたので率直に嬉しかったです。

会場ではたくさんの応援、誕生日のお祝いメッセージ等、ありがとうございました。

このレースが終わるといよいよシクロクロスシーズン。

引き続き頑張りたいと思います。

ジャパンカップクリテリウム