全日本レポート

0 false 10 pt 0 2 false false false $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */table.MsoNormalTable{mso-style-name:標準の表;mso-tstyle-rowband-size:0;mso-tstyle-colband-size:0;mso-style-noshow:yes;mso-style-parent:"";mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt;mso-para-margin:0mm;mso-para-margin-bottom:.0001pt;mso-pagination:widow-orphan;font-size:12.0pt;font-family:"Times New Roman";mso-ascii-font-family:Century;mso-ascii-theme-font:minor-latin;mso-hansi-font-family:Century;mso-hansi-theme-font:minor-latin;mso-font-kerning:1.0pt;} 大 会 名 全日本選手権日 時 7月23日(日)天候 曇り/小雨周回数 4.46km x 6 Laps結果2位/出走81名 年に一度の大勝負である全日本選手権が長野県富士見町で行われた。今シーズン最大の目標であるチャンピオンジャージを目指し、参戦してきた。 レース前日は会場入り後すぐに、タイヤサポートをしていただいているIRCタイヤスタッフと打ち合わせを行い、その後試走を行った。毎周回タイヤを変えてフィーリングを確かめ、コース状況が同じであればG-CLAWでいく事にした。ただ、天気予報では雨予想もあるので、最終判断は当日行う事にした。身体のコンディションは非常に良かったので、レースが楽しみになっていた。 レース当日は2時間半前に会場入りし、すぐにタイヤの選択を相談。天気予報通り雨が降ったり止んだりを繰り返していて、非常に難しい選択ではあったが、IRCタイヤスタッフの提案に懸けてMIBRO for Marathonでいく事にした。 14時30分。今年度の日本一を決めるレースがスタートした。ペダルキャッチに成功し、3番手でレースに入っていったが、最初のシングルトラックで横滑りの転倒をし、5番手に順位を下げた。前日のコースとは一転し、木の根をはじめ滑りやすい部分が多々あり、少しの気の緩み、バイク操作ミスが差になる状況になっていた。 1周目をトップと23秒差の5位、2周目を44秒差の4位で通過。スタート後の転倒とコース状況の変化で流れの悪い走りになっていたが、身体のフィーリングは良かったので、しっかりと呼吸し前を追った。 3周目に入り、集団のペースが上がり切らないと考え、単独で前を追おうとしたところでチェーンが外れてしまいストップ。すぐに直してレースに復帰したが、タイムをロスしてしまった。しかし、変に焦って呼吸を乱さずに、自分の走りに集中し、少しずつ前との差を縮めていき、3位集団に追いついた状態で3周目をトップと1分3秒差の5位で通過。 4周目に入り、自分の脚はまだ軽く、よく踏める状態だったのと、もう先頭を追わないと勝ちはないタイム差になっていたので、潰れてもいいから一気にペースを上げ続けて前を続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

全日本レポート