大 会 名 CJ-U やわたはま国際2018(UCI クラス1)日 時 5月13日(日)天候 雨周回数 4.1km x 6Laps結果4位/出走59名 CJシリーズ開幕戦から10日空いて、今シーズン2戦目が愛媛県八幡浜市で行われた。UCIクラス1という事で、国内選手はフルメンバー、アジア圏をはじめ海外からも選手が来日したが、少しでも多くのUCIポイントを獲得する事を目標に参戦してきた。 レース2日前に会場入りし試走を行った。昨年と少しコースが変わっていたが、ポイントとなる部分は例年通り、ゴジラの背中と呼ばれる場所をはじめとする、根っこセクションになると感じた。レース当日は雨予報なので、タイヤの選択は当日にし、コンディショニングに集中して2日間の試走を終えた。 レース当日は4時間前に会場入り。雨は降ったりやんだりを繰り返し、タイヤの選択は難しかったが、レース時間の天気予報は雨で降水量も多めだったのと、苦手意識の強い雨レースという事もあり、安全策のマッドタイヤSTINGOでいく事にした。 UCIポイント順でスタート位置が決まり、今回の選手の中では10番目という事で、久しぶりに2列目スタートとなった。定刻の14時30分をやや過ぎて、6周回で争われるレースがスタート。無難にスタートをこなし、10番手くらいでレースに入っていった。 雨の影響で前日とコースコンディションがまるで違っていたので、1周目は走ってみないとどうなっているのかわからない状況。ドライコンディションなら少しラインを間違えてもクリア出来るが、マッドコンディションではそれは通用しない。泥が全身にかかり、サングラスも泥で見えなくなるので外して走ると、今度は目に泥が入り視界が悪くなる。普段とはまるで違うレースで、度々スリップで足を着いたり、なかなかリズムに乗れない時間が続き、10番手前後でレース中盤へ。自分自身のコンディションは悪くなかったので、スピードを上げれるところはあげ、苦手なところはなるべくミスの回数を減らす走りに徹し、ペースの落ちてきた選手を確実にキャッチしていった。5周目に入るところで3人の4位集団まで順位を上げ、コース中盤の上り区間でペースを一気にあげて単独4位になり、さらに前を追ったが、なかなか視界に捉えることが出来ず、後ろの選手との差を広げる事で精一杯だった続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

やわたはまレポート