CJ最終戦

こんばんは。 国内シリーズ最終戦「CJ-1妙高杉ノ原STAGE」は4位でした。 9月以降、心と身体のコンディションが上がらず、モヤモヤとした状態がずっと続いていましたが、今日も動きは鈍かったです。 動きの鈍さにイライラ。そのイライラのせいで下りで凡ミス連発。それでさらにイライラ。 負けるべくして負けたという感じです。 けっきょく今シーズンも優勝は出来ませんでしたが、年間の獲得ポイントで争うシリーズ総合は優勝し、「2018シリーズチャンピオン」を獲得する事が出来ました! 欲しかったタイトルだったので、勝ててホッ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』