NEWSニュース

ニュース

Coupe de Japon MTB石川 白山一里野温泉

MIYATA-MERIDA BIKING TEAM(MMBT)は、6月12日(日)、石川県白山市にあります白山一里野温泉スキー場特設コースにて開催されました「CJ-1 MTB石川/白山一里野温泉」に参戦してきました。

コースは昨年をベースに設計されたスタートループの2.7kmに1周4.15kmを6周する総距離27.6kmのスキー場の地形を活かしたコースとあって、登りとスタミナには定評のある恩田監督兼選手にはとても相性の良いコース。一昨年3位、昨年は2位という成績なので、恩田監督兼選手も今年こそはと優勝を狙いレースに臨みました。しかし、得意のスタートで2番手で入るも、スタートループを3番手で通過し、中盤までは4番手をキープしながら前の3名を追う展開。後半の5周目に入るとペースが落ちてきた選手をパスし、3位に上がり、2位の選手を追いますが最終ラップの下りでチェーンが外れ、そのままフィニッシュ。表彰台には上るものの今季初優勝とまではいきませんでした。

恩田監督兼選手コメント「開幕戦以降5戦全てで表彰台は確保しているが、自分の目標はそこではなく、勝つことである。早くそこに到達出来るように、引き続き準備をしていきたい。チームとしては、小坂5位、山田6位という結果で、力が安定してきてはいるが、このポジションから抜け出す為には絶対的な力がまだまだ必要となってくるので、引き続きチームとしてもトップを目指して頑張っていきたい。」

小坂選手は今回も3列目からのスタート。危なげなくスタートし、1周目をトップで帰ってくる。その後、先頭を二人で抜け出す形であったが、オーバーペース気味の為、2周目は4人に抜かれてしまう。3周目もリズムを取り戻せず、4周目からは落ち着いて走るものの、前との差は縮まらずそのまま5位でフィニッシュ。

小坂選手コメント「表彰台を狙っていたのでかなり悔しい結果だったが、今回初めて先頭でレースを走れたことで、トップ争いのペースを体感できたのは良かったと思う。ペーシング、急勾配の上りの踏み方など、課題はあるが、ここからレースが空くのでしっかりとその弱点を強化していきたい。
サポート、応援ありがとうございました。」

山田選手は、2列目スタート、少し接触があり、ヒヤッとさせられたが何事もなく無事にスタート。スタートループの登りは一気に頂上にまで上るが3番手で走り、その後一人に抜かれ4番手で通過。その後はそのハイペースをキープできず10位迄に後退。3周目後半から踏めるようになってきたので、前にいた4人のパックに追いつき、すぐ抜き6番手に上がり、前を走る小坂選手に30秒差まで迫るが、結局追いつくことが出来ずに6位でのゴールとなった。

山田選手コメント「ラップタイムを振り返ると3周目と4周目が40秒差、そして前半3周に比べて後半3周の方が3周とも30秒程速かった。
スタートループのペースを落とせばもう少し安定したラップになったのかもしれないが、全日本選手権前にしっかりと自分の現状が分かったので、これで良かったと思う。スタートからのペースで一定で行ける、ペースの落ち幅を最小限にできるよう全日本選手権までの期間練習に取り組んで行きます。今回もサポート、応援ありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。」

《RESULT》  Men Elite

1 宮津 旭         PAXPROJECT 1:17:25.0
2 沢田 時     Bridgestone Anchor Cycling Team 1:18:04.1
3 恩田 祐一    MIYATA-MERIDA BIKING TEAM 1:18:18.8

5 小坂 光  MIYATA-MERIDA BIKING TEAM 1:20:14.49

6 山田将輝     MIYATA-MERIDA BIKING TEAM 1:21:09.98

Coupe de Japon MTB石川 白山一里野温泉