株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2013年7月3日
株式会社ミヤタサイクル

Gunn-Rita Dahle Flesja°選手9度目のワールド・チャンピオン・タイトル獲得

Gunn-Rita Dahle Flesja°選手は40歳になったにもかかわらず、未だに衰えをみせていない。 AustriaのKirchberg でMUTLIVAN BIKING TEAM所属のGunn-Rita Dahle Flesja°選手(ノルウェー)が9度目の世界選手権タイトルと5度目の世界選手権マラソン・タイトルを獲得した。

Austria で開催されたUCIマラソン・ワールド・チャンピオンシップでは、女性選手たちは85kmで獲得標高3700mのコースを走行した。また、6月末には珍しいくらい天候が荒れた。レース開始の数キロ地点で2人のノルウェー人選手たちの Kristin Aamodt 選手と Borghild Loevset 選手が猛烈な勢いでGunn-Rita選手に迫ってきた。MUTLIVAN MERIDA BIKING TEAM のライダーは他の選手全員をスタートののぼりで振り切った。

「私たちの作戦は明確でした。私はスタート地点のChoralpeまでのロングクライム7キロからフル・アタックを試みていました。正真正銘のマラソン・スペシャリストたちは自分たちのリズムをつかむためにはもう少し時間がかかるものです。」とGunn-Rita 選手はときおり涙ぐみながら語った。 Choralpeに到着する際、Gunn-Rita選手は既に後続選手のBriton Sally Bigham 選手と2分近い差を付けていた。 「この戦略は完璧にいきました。私は他選手から逃げ切り、先頭にいながらレースのペースをコントロールすることができました。」と彼女は述べた。

このリードはときおり30秒差に縮められたが、彼女は終止集中していた。「コースはとても過酷で、続くアップ・ダウンにはすごく疲れ、レース全体がギリギリの崖っぷち状態でした。でも、私は他選手たちも同じように苦しんでいることを知っていたため、寒い中体力を失わないように可能な限りたくさん食べ、エネルギーを蓄えることに集中しました。」と彼女は語った。 ゴール直前の最後のくだり、MERIDAの「BIG NINE」に乗ったGunn-Rita Dahle Flesja°選手が最後の力を振り絞った。スタートからおおよそ4時間半後、彼女は約4分のリードをつけてKirchberg にゴールした。

「このタイトル獲得は、私にとってマラソン種目では5度目で、今シーズン中の目標の一つでした。私はヨーロピアン・クロスカントリー・チャンピオンシップで競うことをやめ、この大会でベストを尽くすつもりでした。」と彼女はレース直後語った。 「私が40番のゼッケンだと知ったとき、これはきっと良い知らせだと思いました。数年前に私は世界初めての40歳女性で金メダル獲得の目標を立てました。これが本当に叶うなんて、信じられません。」 前シーズン、Gunn-Rita 選手は90年代活躍したJuliana Furtado 選手のワールド・カップ・レースでの28勝の記録に肩を並べた。MULTIVAN MERIDA TEAM のライダーの次なる目標はもう既におわかりであろう。

PAGE TOPへのリンク