株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2012年10月18日
株式会社ミヤタサイクル

MIYATA-MERIDA BIKING TEAM Jシリーズ チーム総合優勝 V2達成!
斉藤亮選手 全戦優勝でJシリーズ 年間チャンピオン V2達成!

JCFジャパンシリーズクロスカントリー石川大会(J1)は、国内の公式戦最後の大会となり、シーズンを締めくくる重要なレースとして位置づけておりました。
しかし、斉藤亮選手は大会5日前の練習中による転倒で右足首を捻挫した状態で最終戦に挑みました。
決勝まで出来る事は全て行い、痛み止めとテーピングで万全なコンディションとは言えない中で臨んだレースでした。機材も今季初めて投入する新型マシンとなるBIG.SEVEN TEAMでタイヤなどの機材がコースコンディションにマッチしない事も考えられ、全てが不安の中でスタートしました。

結果、苦しみながらも2位の小野寺健選手に27秒の差を付け、見事優勝を勝ち取ることが出来ました。
この勝利は、日本のレースにおける650B(27.5インチ)規格初の優勝となり、選手、チーム関係者だけでなく、マウンテンバイクファンの皆様にも大きなニュースとなったのではないかと思います。

この勝利により、MIYATA-MERIDA BIKING TEAMは、斉藤亮選手がジャパンシリーズ全戦全勝で2年連続のジャパンシリーズチャンピオンに輝きました! 同時に2年連続チーム総合優勝も勝ち取ることができ、名実ともに日本最強のマウンテンバイククロスカントリーチームとなることが出来ました。

シーズンを通して、MIYATA-MERIDA BIKING TEAMにご声援をいただきました全ての皆様に感謝いたします。

斉藤亮選手コメント

ジャパンシリーズ最終戦、石川県一里野大会は優勝することが出来ました。

今回はもがき苦しみながらも掴んだ貴重な勝利です。
シーズンを通して献身的に支えて下さったチームメンバー、サプライヤー様、ファンの皆様には本当に感謝しています。

2013年ジャパンシリーズ全戦全勝、2年連続Jシリーズチャンピオンを獲得出来たこと、最高のシーズンだったと言えます☆...

苦しみ悩み続けた日々も、終わってみればステップに必要な過程だったのかもしれません。
今は心身ともにリセットし、次に進むための休養期間に入りたいと思います。

<facebookより>

井本選手コメント

ジャパンシリーズ最終戦
結果は19位で苦しいレースでしたが、走り終えることができ
亮さんがジャパンシリーズ全勝、今回650BのMERIDA BIG7で初優勝

チーム優勝も出来ました。
最後まで、応援してくださった方々、スポンサーの方々、大会運営をしてくださった方々、本当にありがとうございました。

<facebookより>

PAGE TOPへのリンク