株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2014年2月17日
株式会社ミヤタサイクル

サーシャ・モードロ選手、スプリントで今季2勝目

シーズン最初のレースとして、プロツアーチームの強豪から多くのスター選手が名を連ねるチャレンジマヨルカ。地中海に浮かぶ、マヨルカ島で開催される4つのレースの初戦で早くも今期2勝目を挙げたTEAM LAMPRE-MERIDAのサシャ・モドロ選手が、最上級の喜びを表しています。

マヨルカ・チャレンジは、4つの1Dayレースで構成される特殊なレースです。全てのレースに同じ登録選手で参加する必要が無いため、TEAM LAMPRE-MERIDAは、今回のチャレンジマヨルカのために12名のライダーを選抜しました。選抜選手中、ディエゴ・ウリッシ選手とサーシャ・モードロ選手は、すでに今シーズン勝利を獲得しており、調子も上向きで期待が持てる布陣です。

チャレンジマヨルカは、トロフェオ・パルマで幕を開け、パルマ・デ・マヨルカの中心地に設定されたフラット基調のコースを10周で争われました。
レース序盤からTEAM LAMPRE-MERIDAは集団をコントロール、逃げ集団とのタイムギャップを制限し、並み居るアタッカー達を完全に抑え込むことに成功しました。

5名のライダーで形成された逃げ集団は、適切なタイミングでTEAM LAMPRE-MERIDAが完全にコントロールした集団に吸収され、残り116kmのレースはゴールスプリントに持ち込まれました。

ゴールまで残り数kmを残し、集団は168名のライダーで構成されていました。TEAM LAMPRE-MERIDAは、メイン集団の中に、9名のライダー全てが残っています。チームはこの利点を最大限に活用し、マキシミリアーノ・リケーゼ選手がサーシャ・モードロ選手の為に、最高の位置取りで牽引します。
ゴール間際30-40mで多少失速しながらも、サーシャ・モードロ選手は、フィニッシュライン上に彼の真新しいMERIDA REACTO EVOをねじ込み、僅かな差でゴールスプリントを制しました

チャレンジマヨルカ2014

トロフェオ·パルマ 116km
1. サーシャ・モードロ (イタリア / チームランプレ·メリダ) 2:29.12
2. イェンス・デブシェール (ベルギー / ロット・ベリソル)
3. ディラン・フルーネベェーフェン (オランダ / チームデライク)
4. ジャンニ・メールスマン (ベルギー / オメガファーマ・クイックステップ)
5. アドリアン・プティ (フランス / コフィディス)

PAGE TOPへのリンク