株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2014年2月24日
株式会社ミヤタサイクル

「ヴォルタ・アオ・アルガーベ」で1-2フィニッシュ!

ルイ・コスタ選手の母国ポルトガルで全5ステージに渡って行われる「ヴォルタ・アオ・アルガーベ(Volta ao Algrave)」 の第一ステージで、TEAM LAMPRE-MERIDA は見事なチームワークで サッシャ・モドロ選手を今季4度目の勝利に導いた。ルイ・コスタ選手による完璧なリードアウトにより、モドロ選手はアルブフェイラの地で記憶に残る勝利をおさめた。さらに、コスタ選手はモドロ選手に引き続き、2位でゴールをした。

ヴォルタ・アオ・アルガーベ」では5つのステージに分かれており、中には個人で13.6 キロ 以上のタイムトライアルを行う場面がある。ポルトガルの過ごしやすい2月の天候はプロチームにとって走行距離(レースマイル)を稼ぐ場所であり、各ステージに調整しながらチームワークを試すレースでもある。その結果、総合選手と強豪スプリンターなどの大物選手たちが参加するレースとなっている。TEAM LAMPRE-MERIDAのコスタ選手は母国でアルカンシェルジャージを着ながら初のビッグレースに参戦した。

第一ステージではスプリントが多いレースとなったが、モドロ選手とチームにとって厳しいレースとなった。マーク・カベンディッシュ選手から離れたフランスの若手スプリンターたちのアルノー・デマル選手と ブリアン・コカール選手がレース開始からアタックする場面もあったが、TEAM LAMPRE-MERIDA はモドロ選手に全力を注ぎ込む作戦で動いていた。始めにマッティア・カッタネオ選手とネルソン・オリベイラ選手がプロトンでハイペースを維持し、エスケープグランドの確保に努めていた。残り30キロ地点で、クリス・ホーナー選手と Jan Polanc 選手がタイヤのパンクで苦しんだスプリンターをプロトンまで見事に導くことに成功した。

ゴール数キロで、ロベルト・フェッラーリ選手とマキシミリアーノ・リケーゼ選手が集団のギャップをうまく詰めながらコスタ選手とモドロ選手をプロトンまで運んだ。そのあと コスタ選手がチャンピオンの実力を発揮しながらチームメイトのサポートに回った。コスタ選手はアタックに対応しながら、モドロ選手への完璧なリードアウトの役割を務めながら2位で入賞した。モドロ選手にとって4度目の優勝となり、チームにとって5つ目の優勝を飾った。

Volta ao Algarve, stage 1 (160km)

1. Sacha Modolo, ITA/TEAM LAMPRE-MERIDA, in 3:51.46 hours
2. Rui Costa, POR/TEAM LAMPRE-MERIDA, st
3. Alessandro Petacchi, ITA, st
4. Bryan Coquard, FRA, st
5. Danilo Napolitano, ITA, st

PAGE TOPへのリンク