株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2014年4月7日
株式会社ミヤタサイクル

Sacha Modolo gets his 5th win of the season in Belgium

Driedaagse de Panne-Koksijde(UCI2.HC) の第2ステージでTEAM LAMPRE-MERIDAのSacha Modolo 選手は今季5度目の優勝を飾った。Davide Cimolai 選手とMax Richeze選手の完璧な誘導のおかげで、名だたるスプリンターたちを追い抜き見事に優勝した。

TEAM LAMPRE MERIDA にとって3月は一歩手前で優勝を逃してしまうジンクスがついていた。チームはすでに1月と2月中に6つのレースに勝利しており、Paris-Nice、Tirreno Adriatico、Cataloniaで優勝がピタリとストップしてしまった。 Roberto Ferrari 選手がVolta a Catalunya のセカンドステージで2位に入賞したレースが一番惜しい結果となった。Milano-san Remo の雨天レースではMatteo Bono 選手が長距離のエスケープに努めたが優勝することはできず、 Settimana Internazionale Coppi e Bartali Manueleのショートファーストステージでは Mori 選手が2位に輝いたが、惜しくも1位の座を獲得することができなかった。

4月に入ってすぐに、このジンクスを破り、チームに活気を呼び戻したのがSacha Modolo選手であった。
Driedaagse de Panne-Koksijde のファーストステージで Sacha Modolo 選手はたくさんの急なのぼりに苦戦したが、翌日になるとチームは注意深く走りながらもスプリントに備えて有利なポジションを確保する作戦を取った、プロトンが Kemmelerberg で崩れてから、チームの有力選手3名を先頭に運ぶことに成功した。そのおかげ、Sacha Modolo 選手は Max Richeze 選手とDavide Cimolai 選手のアシストを受けながらレースを進んだ。

Max Richeze 選手とDavide Cimolai 選手はゴール手前で最高のパフォーマンスを発揮した。初めにDavide Cimolai 選手がラスト2キロで一気に加速し、チームメイトたちを先頭に誘導した。そのあとに Max Richeze 選手が見事なハンドル捌きでSacho Modolo選手をベストスプリント・ポジションに運んだ。Sacha Modolo 選手はベルギー出身のGuillaume van keirsbulck 選手が早めのスプリントを仕掛けたが、残り200メートル地点で勝負に出ることを冷静に判断した。結果、ライバル選手とバイク一台分の距離を広げて勝利を獲得した。Sacha Modolo 選手にとって今季5度目の優勝、TEAM LAMPRE-MERIDAにとっては8度目の優勝と同時に2月以来の勝利を手に入れた。

VDK-Driedaagse de Panne-Koksijde
2nd stage, Zottegem-Koksijde (206km)

1. Sacha Modolo, ITA/TEAM LAMPRE-MERIDA, in 4:28.15 hours
2. Arnaud Démare, FRA, st
3. Alexander Kristoff, NOR, st
4. Ruslan Tleubayev, KAZ, st
5. Danilo Napolitano, ITA, st

PAGE TOPへのリンク