株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2014年4月7日
株式会社ミヤタサイクル

Sacha Modolo makes it a double in Belgium

まだDriedaagse de Panne-Koksijde のセカンドステージで優勝したばかりのSacha Modolo 選手が再び勝利を手にした。TEAM LAMPRE MERIDA のエーススプリンターは冷静な判断力でショートステージを制覇した。

3日目のDreidaagse de Panne-Koksijde のステージレースは2つのショートステージ構成になっていた。選手たちは午前中110キロのde Panne を走り、午後から14.3キロの個人タイムトライアルがステージレースの締めになっていた。午前中のステージではスプリンターたちの最後の見せ場であったために、選手たちは皆全力で勝負に望んだ。Marcel Kittel 選手とKenny de Haes 選手はチームを先頭に移動し2名のアタッカーを呼び戻すと同時に如何なるアタックも潰すように指示していた。一方でTEAM LAMPRE MERIDA の選手たちはラスト3キロで勝負する作戦に出た。

ラスト3キロ地点に到達した瞬間にAndre Paliini 選手、Luca Dodi 選手、Max Richeze 選手、Davide Cimolai 選手はSacha Modolo 選手をプロトンの先頭に誘導することに努めた。ラスト10キロ地点から多くの選手たちがクラッシュするシーンもありながら、TEAM LAMPRE MERIDA の選手たちは見事に回避しレースを続行していた。そして、ゴール直前の500メートルでトリッキーな右カーブが選手たちに立ちはだかり、選手たちは押し合うぐらいに接近してゴールを目指した。最終コーナーで勝負を仕掛けるなかで、サポート役のDavide Cimola選手の見事な誘導で Sacha Modolo選手を先頭から5番目のポジションに運んだ。

ゴールまでの道のりはショートストレートで、Sacha Modolo 選手は優勝候補のAndre Guardini 選手とKenny van Hummel選手を追い抜き見事にゴールした。彼にとって今季5と6度目の優勝となり、グリーンのポイント賞のリーダースジャージを獲得した。選手たちが個人タイムトライアルで好成績を残せなかったとしても、TEAM LAMPRE MERIDA はDriedaagse de Panne-Koksijdeで大きな成果をあげた。また、チームにとって今季8度目と9度目の優勝になった。

TEAM LAMPRE MERIDA は次に Tour of Flanders に参加し、ここからLuca Wackermann 選手とチームキャプテンを務めるPippo Pozzato 選手が Driedaagse de Panne-Koksijde に参加しているチームと合流する予定だ。

VDK-Driedaagse de Panne-Koksijde
3rd stage, de Panne-de Panne (109.7km)

1. Sacha Modolo, ITA/TEAM LAMPRE-MERIDA, in 2:22.20 hours
2. Andrea Guardini, ITA, st
3. Kenny van Hummel, NED, st
4. Kenneth van Bilsen, BEL, st
5. Ralf Matzka, GER, st

PAGE TOPへのリンク