株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > メリダチーム > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2014年5月26日
株式会社ミヤタサイクル

Joy after pain for Diego Ulissi

サイクリングとはまさに喜びと苦しみの紙一重だということをDiego Ulissi 選手は今週のレースで体験した。TEAM LAMPRE-MERIDAのUlissi 選手が2回目のステージを勝利してから、翌日のレースでクラッシュに巻き込まれてしまい、大幅にタイムロスをしてしまった。しかし、その次のレースでUlissi 選手は前日のアクシデントを思わせない走りで見事個人タイムトライアルを2位でゴールした。

TEAM LAMPRE-MERIDAにとってGiro d’Italia の2週目に入ってからペースを上げてきたが、そのあと遅れをとり始めてしまった。優勝した第2ステージの翌日、Ulissi 選手はSestola 行きの厳しいステージで再び良いパフォーマンスをみせた。レース中に2名がステージ優勝を狙って早めのアタックをしかけ、Domenico Pozzovivo 選手も最後の上りで先頭グループを振り切った。しかし、Ulissi 選手は動きに反応出来ずに結果4位でフィニッシュした。

その翌日のステージは平坦なコースで、スプリント勝負になること誰もが予想していた。Team Sky はゴール数キロ前の小さな上りで猛攻をみせたが、最後までその勢いを維持することができなかった。今年のGiro d’Italia で3度目の出場となったフランス人のNacer Bouhanni 選手は最速なスプリンターであることがこのステージで証明された。TEAM LAMPRE-MERIDAで最速スプリンターと知られている Robert Ferrari 選手でさえ、 最後の400メートル地点からライバルたちに追いつことができなかった。しかし、見事4位でゴールし、トップ5で入賞することで貴重なワールドツアーポイントを獲得した。

第11ステージの249キロという距離は、今大会のレースで2番目に長いレースとなった。 このステージの70キロ地点でUlissi 選手はクラッシュに巻き込まれてしまった。Przemyslaw Niemiec 選手と Manuele Mori 選手が彼をメイングループまで誘導してみたが、左膝と背中の痛みにより諦めることを決意した。結果、LAMPRE-MERIDAを代表するUlissi 選手は4分半を失ってしまい、総合順位でのトップ10入りから外れてしまった。

前日事故に巻き込まれたUlissi 選手ではあったが、翌日見事な走りをみせた。42.2キロの個人タイムトライアルで彼は同チームのDamiano Cunego 選手の1分後にスタートし、Cunego 選手を第一通過点の前で追い抜いてしまった。その時点でUlissi選手はベスト・タイムをたたきだし、順調に MERIDAの 「WARP TT」 に跨り Piedmontのブドウ園のコースを見事に攻略しながら駆け抜けた。彼のパフォーマンスは2位という素晴らしい結果を残し、Giro d’Italia 2014暫定1位の Rigoberto Uran 選手のみが彼より優れたタイムを出していた。

個人タイムトライアルでみせた活躍により、Ulissi選手は総合順位を21位から14位まで上げた。TEAM LAMPRE-MERIDAは好調にGiro d’Italia のステージレースを進んでおり、12ステージを終えて現在5位でランクインしている。

97th Giro d'Italia 2014

Stage 9, Lugo - Sestola (172km) :

1. Pieter Weening, NED, in 4:25.51 hours
2. Davide Malacarne, ITA, st
3. Domenico Pozzovivo, ITA, + 0.42
4. Diego Ulissi, ITA/TEAM LAMPRE-MERIDA, + 1.08

Stage 10,Modena - Salsomaggiore Terme (173km) :

1. Nacer Bouhanni, FRA, in 4:01.13 hours
2. Giacomo Nizzolo, ITA, st
3. Michael Matthews, AUS, st
4. Roberto Ferrari, ITA/TEAM LAMPRE-MERIDA, st

Stage 11, Collechio - Savona (249km) :

1. Michael Rogers, AUS, in 5:48.07 hours
2. Simon Geschke, GER, + 0.10
3. Enrico Battaglin, ITA, st

Stage 12, Barbaresco - Barolo: ITT (42.2km) :

1. Rigoberto Uran, COL, in 57.34 minutes
2. Diego Ulissi, ITA/TEAM LAMPRE-MERIDA, + 1.17
3. Cadel Evans, AUS, + 1.34

PAGE TOPへのリンク