株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > メリダチーム > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2015年2月23日
株式会社ミヤタサイクル

Valls wins Tour of Oman’s Queen stage

Davide Cimolai 選手がTrofeo Laiguegliadeで勝利してから一夜、再び素晴らしいニュースが届いた。Tour of Oman のクイーンステージ(第4ステージ)でスペイン出身のRafael Valls 選手がグリーンマウンテンの最終上り坂で強力なライバルを退けながら勝利を収めることに成功した。Valls 選手にとって5年ぶりの優勝である。

Tour of Oman は合計6ステージで構成されており、第4ステージのみ険しい上り坂が5.5キロ続くコースであった。これまでの総合順位を一変するにはこのステージ制覇が必須だと選手及び関係者の誰もが理解していた。

レース序盤ではベルギー出身の2名が早々にアタックを仕掛けてはメイン集団から12分の差をつけてレースの主導権を握った。しかし、最後の上り坂でプロトンが先頭2名を吸収して、勝負はグリーンマウンテンの急勾配な上り坂に待ちこされた。TEAM LAMPRE-MERIDAの選手のなかで Valls 選手がクライムを得意としたうえで、この勝負に打って出た。傾斜が徐々に上げるに連れてValls 選手はペースを休める間もなく先頭に立つことに成功した。

ゴールまで残り僅か数キロとなった時点で、ライバル選手たちは既に2名まで減少してしまい、アメリカ出身の Teejay van Garderen 選手とポーランド出身の Rafael Majka 選手が Valls 選手と一緒に名勝負ともいえる戦いを繰り広げた。そして、この勝負に見事制したのが Valls 選手であり、彼自身5年ぶりの優勝となった。この結果、Tour of Oman のレッドリーダーズ・ジャージを手に入れることに成功した。TEAM LAMPRE-MERIDAにとって今シーズン3度目の勝利となり、Rui Costa 選手が6位入賞を果たすことで、今シーズンの期待が大きく膨らむ。

6th Tour of Oman
Stage 4: Sultan Qaboos Grande Mosque - Jabar al Akhdhar/Green Mountain (189km)

1. Rafael Valls, ESP/TEAM LAMPRE-MERIDA, in 5:46.48 hours
2. Teejay van Garderen, USA, + 0.05
3. Alejandro Valverde, ESP, + 0.19
6. Rui Costa, POR/TEAM LAMPRE-MERIDA, + 0.49

Overall standings after stage 4:

1. Rafael Valls, ESP/TEAM LAMPRE-MERIDA, in 18:05.44 hours
2. Teejay van Garderen, USA, + 0.09
3. Alejandro Valverde, ESP, + 0.19

PAGE TOPへのリンク