株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > メリダチーム > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2015年05月01日
株式会社ミヤタサイクル

Sacha Modolo celebrates his first win of the season

TEAM LAMPRE-MERIDAのSacha Modolo 選手がTour of Turkey 第5ステージで優勝を飾り、Kristijian Durasek 選手が総合成績2位入賞を果たすなど、輝かしい成績で4月を締めくくった。また、開催中のTour de Romandie でRui Costa 選手が2度もトップ5以内でゴールしている。

Tour of Turkey 第1ステージでは Modolo 選手が4位でフィニッシュしたが、チーム代表格のスプリンターはこれでは満足していなかった。翌日の第2ステージでは Mark Cavendish 選手と最後まで競っていたが、わずかな差で優勝を逃してしまった。しかし、このステージで獲得した2位は Modolo選手の実力が残りのステージでも十分通用する確信へと変わった。第3ステージでは山岳コースだけにクライムが多く、ここで頭角を現したのが Durasek 選手であった。最終的にはDavide Rebellin 選手に一歩及ばなかったが、このステージでの活躍は彼の存在をライバルやファンに知らしめる良い機会となった。

第4ステージではスプリンターが再びレースの主導権を握るコースとなっていたが、レース中盤でのクライムが多くスプリンターたちを苦しめる結果となった。Modolo選手は、この難関コースでも良いペースでレースを進めていたが、残り18キロ地点で Xu Gang選手、Chun Kai Feng 選手、Mario Costa選手と一緒にクラッシュに巻き込まれる事態が発生した。この瞬間を目撃した残りのチームメンバーたちは、急遽 Robert Ferrari 選手をModolo 選手の代役としてスプリント勝負に挑ませることにした。その結果、6位でゴールすることに成功した。第5ステージでは再びスプリント勝負になることを誰もが確信していたため、Modolo選手は終始、優勝するチャンスを見計らっていた。そして、見事今シーズン初勝利をPamukkale で手に入れた。

その一方で, Tour de Romandie オープン戦のチーム・タイム・トライアルでトップ10入りをコンマ数秒のところで逃してしまった。第2ステージの最終エリアでは2つのクライムが選手を待ちかまえており、スプリンターたちには厳しいレースとなった。チーム内ではRui Costa 選手が5位、Diego Ulissi 選手が15位とまずまずの成績を収めた。その翌には、良いリズムでチームワークを保ちながらレースを進めていたが、ゴール直前でRui Costa 選手をサポートしていたメンバーが外れるタイミングを誤ってしまい、彼一人での戦いとなってしまった。しかし、Rui Costa 選手は最後まで耐えながら、4位でゴールし、再びトップ5位入りを果たした。

51st Presidential Tour of Turkey
Stage 2: Alanya - Antalya (182km)

1. Mark Cavendish, GBR, in 4:21.32 hours
2. Sacha Modolo, ITA/TEAM LAMPRE-MERIDA, st
3. Nicola Ruffoni, ITA, st

Stage 3: Kemer - Elmali (163km)

1. Davide Rebellin, ITA, in 4:34.11 hours
2. Kristijan Durasek, CRO/TEAM LAMPRE-MERIDA, + 0.07
3. Eduardo Sepulveda, ARG, + 0.50

Stage 5: Mugla - Pamukkale (160km)

1. Sacha Modolo, ITA/TEAM LAMPRE-MERIDA, in 4:06.19 hours
2. Carlos Barbero, ESP, st
3. Jay McCarthy, AUS, st

PAGE TOPへのリンク