株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > メリダチーム > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2015年05月14日
株式会社ミヤタサイクル

Jan Polanc wins stage aboard the new Scultura

TEAM LAMPRE MERIDA にとってGiro d’Italia 開幕後の数日間は思うような結果を出せずに苦しんでいた。しかし、第5ステージ(山岳コース)をスロベニア出身の Jan Polanc 選手がMERIDA の新型 SCULTURA で見事勝利を手に入れた。

ワールドツアーチームで唯一イタリアン・ライセンスを持つTEAM LAMPRE-MERIDAにとって、今年のGiro d’Italia は特別な思いがあった。その気持ちとは裏腹に、大会開幕後の4日間は厳しい現実に直面していた。チーム TT ではタイムを伸ばすことができず、Genoa ではSacha Modolo 選手がクラッシュを避けるために温存していた力を全て使いきってしまった。また、Manuele Mori 選手、Diego Ulissi 選手、Tsgabu Grmay 選手たちはエスケープグループに加わり、積極的なレース展開を図っていたが、悔しくもステージ優勝までには至らなかった。さらに、チームキャプテンに任命されたPrzemyslaw Niemiec選手は第4ステージで2分間のタイムロスを作る結末となってしまった。

チームの懸命な努力は悔しくも、「運」に見放されていると誰もが感じていた。しかし、第5ステージでその空気を断ち切り、「運」をついに味方につけることに成功した。レース序盤から5人の選手たちでグループを作り、11分間のリードをつくるシーンもあったがタイムは徐々に縮まっていた。そこで、残り12km 地点でベテランの Sylvain Chavanel 選手がアタックを仕掛けたが、Polanc 選手は冷静な判断力でその差をジワジワと埋めていきながらアタックをしかけるタイミングを見計らっていた。

最終クライム残り10.4km 地点に差し掛かり、遂に Polanc 選手がレースの勝敗を決める動きに出た。ライバル選手たちとの差を開きながら、ゴールまでの道のりを自分のリズムで戦うことに専念した。そして、最後の補給を済ませ、さらにペースを上げることを決意した。有力選手たちがクライム後半戦からアタックを仕掛けるタイミングが Polanc選手のペースアップに重なって、その差は縮まらずにいた。その結果、軽量かつ、空力性能を向上した新型 SCULTURAで第5ステージ制覇を達成し、今までの流れを一気に変えた。

98th Giro d’Italia
Stage 5, La Spezia - Abetone: 152km

1. Jan Polanc, SVN/TEAM LAMPRE-MERIDA, in 4:09.18 hours
2. Sylvain Chavanel, FRA, + 1.31
3. Fabio Aru, ITA, st
4. Alberto Contador, ESP, st
5. Richie Porte, AUS, st

PAGE TOPへのリンク