株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > メリダチーム > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2015年06月16日
株式会社ミヤタサイクル

Kristijan Durasek celebrates at the Tour de Suisse

TEAM LAMPRE-MERIDAクロアチア出身の Kristijan Durasek 選手が今シーズン初ステージ優勝を Tour de Suisse で実現させた。また、チームメイトの Luka Pibernik 選手はレース終盤までリードグループに加わり、山岳賞を見事手に入れた。さらに、Rui Costa 選手はDritérium du Dauphiné で総合ランキング3位入賞を果たした。

チーム関係者はTour de Suisseを若手選手で固めながら、Tour de Suisseを制覇した経験を持つ世界王者Costa 選手はあえてCritérium du Dauphiné に出場させた。ワールド・チャンピオンとしてのプライドをかけての戦いではあったが、見事にプレッシャーを撥ね退ける姿をみせてくれた。また、Tour de Suisse プロローグ(第1ステージ)では若手選手たちの抜き出た活躍は見れなかったが、チームは動揺せずにいた。

Tour de Suisse第1ステージではÄgeriseeまで2つのクライムを越え、Michaelskreuzまでさらに2つのクライムを乗り切る必要があった。レース序盤からリードグループが発生し、その中に Pibernik選手の姿もあった。Cameron Meyer選手と一緒にレースをリードしていたが、ゴール残り15kmで吸収されてしまった。さらに、3名の選手がグループから抜け出すシーンもあったが、結果、下り坂で後方グループに吸収されてしまった。最終的には9名の選手がステージ優勝を目指した。

そこで、クロアチア出身27歳のDurasek 選手はライバルたちに勝つためにもゴール残り500m地点で、勝負に出るしかないと考えていた。そして、見事1位でのフィニッシュを実現し、2位とは4秒差をつけることに成功した。また、今ステージを新型のSCULTURA で勝負に臨み、同モデルがワールドツアーで3度の優勝を果たすなど嬉しいニュースが続いた。「Tour de Suisse はワールドツアーレースであり、この勝利は Tour of Turkey での優勝より価値ある優勝だと思っています。」とレース後にDurasek 選手が笑顔でコメントしてくれた。

また、Critérium du Dauphiné に出場していた Costa 選手は同大会の前半戦では本来の力を発揮できずにいた。第7ステージではChris Froome 選手に1分30秒の遅れを作ってしまい、9位での入賞となった。その代償として、総合ランキングを2位から4位まで順位を落としてしまい、このままトップ3位入りは困難かと思われた。しかし、最終ステージではチームメイトの Rafael Valls 選手のアシストによりレースを順調に進めていたが、Froome選手のアタックに敵わず、Tejay van Garderen 選手とゴールスプリント勝負に出たが一歩及ばず、3位でのゴールとなった。

3位でフィニッシュした結果、Costa 選手は4位から3位まで総合ランキングを上げ、今大会第6ステージ制覇と総合ランキング3位と素晴らしい結果を残した。Tour de France のチームキャプテンとして出場が予定されているCosta選手は、今大会で得た「自信」を次回のレースに繋げる。また、Valls 選手は総合ランキングトップ10位入りを僅か数秒差で逃してしまい、11位のランキングで今大会の幕を閉じた。

79th Tour de Suisse
Stage 2: Risch-Rotkreuz - Risch-Rotkreuz, 161.1km

1. Kristijan Durasek, CRO/TEAM LAMPRE-MERIDA, in 3:36.52 hours
2. Daniel Moreno, ESP, + 0.04
3. Julian Arredondo, COL, st

67th Critérium du Dauphiné
Stage 8: Saint-Gervais Mont Blanc - Modane Valfréjus, 156.5km

1. Chris Froome, GBR, in 3:59.27 hours
2. Simon Yates, GBR, + 0.18
3. Rui Costa, POR/TEAM LAMPRE-MERIDA, st

Overall standings:

1. Chris Froome, GBR, in 30:59.02 hours
2. Tejay van Garderen, USA, + 0.10
3. Rui Costa, POR/TEAM LAMPRE-MERIDA, + 1.16

PAGE TOPへのリンク