株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > メリダチーム > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2016年06月21日
株式会社ミヤタサイクル

5th win for Gunn-Rita Dahle Flesjå in Heubach

MTBブンデスリーガ第2ラウンドで、ガンリタ・ダール・フレショは、過酷なコンディションにおける彼女の実力をみせつけました。このノルウェイ人は素晴らしい走りで、ここ、ホーバッハが会場のレースで5度目の勝利を達成したのです。男子レースでは、MULTIVAN MERIDA BIKING TEAM 3名のライダー、オンドレ・チンク、ホセ・エルミダ、そしてトーマス・リヒターはすべてトップ10リザルトを残しました。

そのMTBブンデスリーガ第2戦の開催直前、会場となるホーバッハには強い雨が降り続き、難しいコースをさらに過酷なものとしていました。女子レーススタートの直前にも強いにわか雨が降りましたが、ガンリタ・ダール・フレショは、これが彼女のチャンスであると感じていました。

MULTIVAN MERIDA BIKING TEAMのノルウェイ人ライダーである彼女は、1周目から2位に25秒の差をつけ、独走態勢を作り上げました。そしてその後も、彼女の独走に追いつくライダーはおらず、一人先頭を走り続けます。

「今日はとてもいい気持ちで走れました。ノヴェ・メストでの世界選手権まであと2週間、狙っていた感触をそのまま実現できました。雨は全く問題なかったです。むしろ最後2周で雨が止んで、路面が粘りつく泥になってきたときの方が辛かったです」このようにダール・フレショはレースを振り返ります。そして大きく笑いながら言います。「もちろん、このホーバッハでの5勝目という記録も嬉しいです。私も結局記録が好きですからね」

男子レースでは、MULTIVAN MERIDA RACING TEAMのライダーたちは、常にレースの先頭付近にいました。オンドレ・チンクは、コース内で最も厳しい上りセクションで2番手につけていましたが、雨で滑りやすくなった路面に、下りでタイムを失ってしまいます。

このシナリオは残り何周かに渡って続き、チンクは結果6位でゴールラインをくぐります。「今日の走りには満足しています。これで練習場所に戻って、ノヴェ・メストでの世界選手権に備えて行きます」と語りました。
ホセ・エルミダは7位を獲得。彼は今日のコンディションでの結果には満足しています。というのもエルミダはスタートでの遅れを最小限にするため、瞬発力に着眼したトレーニングを多く積んできたのです。「このトレーニングの変化で少し疲労が溜まっていました。でもスタート後直後は前回のラブラスよりもいい感触がありました」
チームのトーマス・リヒターも10位に入り、トップ10リザルトを残しています。

MTB Bundesliga 2016: 2nd round in Heubach
Result women:

1. Gunn-Rita Dahle Flesjå, NOR/MULTIVAN MERIDA BIKING TEAM, in 1:30.33 hours
2. Daniela Campuzano, MEX, + 3.26
3. Helen Grobert, GER, + 3.39

PAGE TOPへのリンク