株式会社ミヤタサイクル
文字サイズの変更
小さく
通常
大きく
メリダトップ > メリダチーム > ニュース

ニュース NEWS

一覧に戻る

2017年10月10日
株式会社ミヤタサイクル

Vincenzo Nibali wins Classic il Lombardia

ヴィンツェンツォ・ニーバリは、イタリアでイル・ロンバルディア(ジロ・デ・ロンバルディア)での自身2度目となる勝利を飾り、その力強いパフォーマンスを見せた。これは、バーレーン・メリダ・プロサイクリングチームのキャプテンである彼の、プロキャリア50度目となる勝利だった。数日前にニーバリは、トレ ヴァリ ヴァレシーヌでのワンデーレースで3位に。そしてソンニ・コルブレリはGPベゲリにて、わずか数秒差で勝利に届きませんでした。

シーズン最後のクラシックレースであり、シーズン終盤のレースの一つとして、イル・ロンバルディアはしばし、落葉にその存在を重ねられます。北イタリアの都市、ベルガモとコモとをつなぐコースは、象徴的な峠であるコッレ・ギャロ、コッレ・ブリンツァ、マドンナ・デル・ギザッロ、コルマ・ディ・ソルマーノ、シヴィーリョといった名所が待ち、ライダーへ最後の障害となるのはサン・フェルモ・デル・バッタリアです。ヴィンツェンツォ・ニーバリは2015年にもこのレースに勝利し、今年のレースでも多くの専門家が優勝候補に選んでいました。さらに彼は、バーレン・メリダ・プロサイクリングチームの頼れるサポートとともに走りました。その面々は、ヤネス・ブライコビック、エンリコ・ガスパロット、アントニオ・ニーバリ、ドメン・ノヴァック、フランコ・ペリツォッティ、ルカ・ピベルニク、ジョヴァンニ・ヴィスコンティといったライダーでした。そしてチームという視点で言えば、この日の大きな目標は、サイクリング界での記念碑となるレースの一つを、チームの立ち上がりその年に勝利することだったのです。

スタート後から6名がアタックし、そして12分ほどの差をメイン集団につけます。しかし彼らは、コルマ・ディ・ソルマノのふもと付近で捕らえられました。そこから、観客のお気に入り選手たちが入った先頭集団から、多くのライダーが数々とアタックを仕掛けますが、1分以上離れるものはありませんでした。バーレーン・メリダ・プロサイクリングチームでは、ジョバンニ・ヴィスコンティが後半50kmにおけるサポートのほとんどを担い、先週のジロ・デル・エメリアでの勝利からの脚の調子の良さを示していました。そして最後20kmでは、ヴィンチェンツォ・ニーバリは一人で戦うことになりました。フランス人のティボー・ピノが、シヴィーリョの急斜面でアタックした時、ニーバリはすぐに反応できませんでした。しかしニーバリは、その登りの最後の数kmで先行するフランス人に追いつき、コモへと下っていくつづら折れの下りコースでは、その素晴らしいバイクハンドリングの技術を活かしてライバルに7秒の差をつけました。

そこから、この日最後の登りであるサン・フェルモ・デッラ・バッタリアの登り始めまで、このさは9秒に開き、その登りの頂上では、その差を38秒にまで広げました。彼に続いてJulian Alaphilippeがアタックを行うべく動きましたが、先頭に近づくことすらできませんでした。ヴィンツェンツォ・ニーバリは、彼のプロとして50度目となる勝利を心から喜び、楽しみました。シチリア人であるニーバリは、コモの通り沿いに数えきれないほどの観客から拍手を浴び、ハイファイブに応え、手を高く上げてフィニッシュラインをくぐり、イル・ロンバルディアでは2度目となる勝利を祝いました。バーレーン・メリダ・プロサイクリングチームのキャプテンが勝利したこのレースは、サイクリング界の記念碑ともなるレースでのチームの初優勝をとなるもの。歴史が綴られていくにつれ、その勝利という事実は人々の口と記録になん度も繰り返されていくことでしょう。

このヴィンツェンツォ・ニーバリの勝利は、決して驚かれるようなものではなかったのです。トレ・ヴァリ・ヴァレシネでのワンデーレースでは、彼とチボー・ピノが登りで最も強いことを証明していましたが、Alexandre Geniez が最後数kmで上がってきて、彼らをスプリントで刺したのでした。ニーバリは3位だったにも関わらず、多くの専門家はニーバリがその日最強のライダーだったことに同意しました。GP ベゲリでは、バーレーン・メリダ・プロサイクリングチームが、レース中多くの場面で、ソンニ・コルブレリを守りながら、その強さと存在感を示しました。彼は最後の5kmを彼自身のために守り切るだけでしたが、それはLuis Leon Sanchezが決定的なアタックを開始した時でもありました。結果コルブレッリは、その独走勝者を追うスプリントで2位となりました。

111th il Lombardia: Bergamo - Como, 247km

1. Vincenzo Nibali, ITA/BAHRAIN MERIDA PRO CYCLING TEAM, in 6:15.29 hours
2. Julian Alaphilippe, FRA, + 0.28
3. Gianni Moscon, ITA, + 0.38

97th Tre Valli Varesine: Saronno - Varese, 192.9km

1. Alexandre Geniez, FRA, in 4:49.08 hours
2. Thibaut Pinot, FRA, st
3. Vincenzo Nibali, ITA/BAHRAIN MERIDA PRO CYCLING TEAM, st

22nd GP Beghelli: Monteveglio - Monteveglio, 196.3km

1. Luis Leon Sanchez, ESP, in 4:27.30 hours
2. Sonny Colbrelli, ITA/BAHRAIN MERIDA PRO CYCLING TEAM, + 0.06
3. Elia Viviani, ITA, st1

PAGE TOPへのリンク